お灸の効果

    ・・・ からだも気持ちも軽くなる、お灸の力 ・・・

 

◆ 温灸

 

 

温灸は温かくて心地良いだけでなく、すばらしい効果があります

 

 

 ・からだが内から温まる。

 

 ・良い気がからだの中に入る。-日々の生活で消耗した気を補充

 

 ・からだのバランスを内側から整えるー背骨のゆがみ、脚長差、骨盤を整える

 

 ・頭から足までの緊張が緩んでくる

 

 ・自律神経系の調整ー副交感神経優位になりリラックスできる、ストレスの緩和

 

 ・免疫力アップ-病気の予防

 

 ・内臓への効果の波及

 

 ・老化予防など

 

 

◆ 透熱灸

 

 

上質のもぐさをごま粒大にひねり据えていきます。

 

反応があるところにピンポイントで気をいれ、弱いところをしっかりさせる

 

ことで痛みなどの症状を改善していきます。

 

お灸を入り方を見ながら、反応が無くなるまで据えていきます。

 

(頸椎、腰椎、肩、膝など問題のところ)

 

 

 

 チューリップ.jpg

 

 

◆ お灸は熱い?

 

 

温灸は温かさが、からだの中に入ってくるような心地良さを感じ、痛くも暑くもありません。

 

透熱灸は熱いというよりも一瞬、チクッと感じますがいやな感じではなく、場所に

 

よっては感じなかったりする場合もあります。

 

 

◆ お灸の跡は?

 

 

温灸は残りません。

 

透熱灸も残らない方がほとんどです。腰痛などで同じところに繰り返し多壮灸をした

 

場合に直径2mm程度に色素沈着がおこる場合がありますが、必ずきれいに元に

 

もどりますので心配はいりません。

 

 

 

 

 

◆ 治療の間隔について                                wp-clover-01.jpg

 

 

症状の重い方は最初のうちは週2回程度受診された方が順調に回復していきます。

 

慢性の肩こり、疲労の場合はご来院できる範囲で定期的に治療し、こりや疲労を

 

ためないことが大切です。

 

 

◆ 受診時の服装

 

 

全身治療を行いますので上下離れた楽な服装でご来院下さい

 

またスウェットなど着替えをお持ちいただいても結構です。

 

 

icon4a.gif

 

 

◆ 適応症状

 

あらゆる痛み、しびれ、その他の不調

 

腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、寝違え、五十肩、腱鞘炎、ばね指、肩こり

 

捻挫、骨折の後遺症、肋間神経痛、更年期症状、逆子、生理痛、風邪、花粉症

 

目の疲れ、不眠、自律神経失調症、ゆがみの改善、老化予防など

 

                    

                      

     DSCN1150.JPG